台湾東部・花蓮県の地震で、倒壊したホテル「統帥大飯店」から救出された従業員の梁書瑋さん(26)が7日夜、搬送先の救急医療施設から退院した。梁さんは「閉じ込められている間、走馬灯のようにこれまでの人生が思い浮かんだ。助かって良かった」と語り、迎えに来た母親と抱き合った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます