2月4日、「日劇」の名を冠した劇場が85年の歴史を終える日、「ゴジラ」(1954年)の上映が終わって主演の宝田明さんが「さよなら日劇ラストショウ」のステージに登場すると、満員の観客から割れんばかりの拍手。深々とお辞儀をした宝田さんは後ろを向いてハンカチで目をぬぐってから、言いました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます