平昌冬季五輪が開幕する9日、夜の開会式に先立ち、フィギュアスケート団体戦が始まり、男子とペアのショートプログラム(SP)があった。日本の男子は全日本王者で20歳の宇野昌磨(トヨタ自動車)が103・25点で1位。ペアの須崎海羽(みう)、木原龍一組(木下ク)は自己ベストを更新し、57・42点で8位。2種目終了時点の順位点などの合計で日本は3位につけた。1位はカナダで、2位は米国。11日に女子SPとアイスダンスのショートダンスがある。4種目の順位点合計の上位5チームがフリーに進む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます