仙台市の自動車販売会社で働く丹野智文さん(44)は39歳のときに若年性アルツハイマー型認知症と診断された。同僚の名前さえ忘れてしまい一時は解雇も覚悟したが、今も同じ会社で働きながら、「認知症を抱えている人を元気づけたい」と笑顔で発信を続けている。絶望までした体験を笑顔で語る理由は何なのか。本人に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます