フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)が好スタートを切った。冒頭の4回転フリップで着氷が乱れたが、持ち直した。4回転トーループからの連続ジャンプをきれいに決めると、トリプルアクセル(3回転半)も成功。「特別な緊張感はなかった。最後まで自分の演技ができた」。唯一の100点超えで男子シングルSPトップに立ち、笑顔が出た。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます