「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」を新たな視点で見直す国際シンポジウム「揺さぶられる司法科学」が10日、JR京都駅前にある龍谷大学響都ホール(京都市南区)で開かれた。海外の医師や研究者らの講演などがあり、約200人が耳を傾けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます