仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京都渋谷区)が顧客の仮想通貨NEM(ネム)約580億円分を不正流出させた問題で、同社は13日、金融庁に再発防止策や経営体制の強化策を盛り込んだ業務改善計画を提出した。顧客から預かっていた日本円の出金も再開したが、他のすべての仮想通貨はまだ引き出せない。流出したNEMの所有者への補償の時期なども未定。業務の正常化は見通せない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます