14日夜の平昌五輪スピードスケート女子1000メートルは、31歳の世界記録保持者、小平奈緒(相沢病院)と、12日の女子1500メートルで銀メダリストとなった23歳の高木美帆(日体大助手)の日本勢による金メダル争いに注目が集まる。ハイレベルな争いが期待できそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます