東京・銀座の中央区立泰明小学校(365人)が、新1年生からイタリアのブランド「アルマーニ」のデザイン監修による「標準服」を採用することになり、波紋を広げている。上着など基本一式で4万円余、バッグなど全てそろえると8万円超。学校の成り立ちが背景にありそうだが、導入の理念や、公立校の役割にまで議論が及んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます