平昌冬季五輪のフィギュアスケートは16日、男子ショートプログラム(SP)があり、羽生結弦(23)が右足首のけがの不安を振り払い、首位に立った。ハビエル・フェルナンデス(26)=スペイン=が2位で、宇野昌磨(20)は3位で続いた。ハイレベルの演技に、会場のファンは酔いしれた。幼少期に羽生を指導していたコーチたちは、日本からテレビで見守った。決戦のフリーは17日午前10時から行われる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます