津波で大きな被害を受けた浪江町の請戸地区にある●野(●はくさかんむりに「召」、くさの)神社で、伝統の安波祭(あんばまつり)が18日、東日本大震災と原発事故後、7年ぶりに催された。社殿が流された神社の境内には避難先から町民が集まり、優雅な田植踊(たうえおどり)などに見入った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます