23日夜の平昌冬季五輪カーリング女子準決勝、日本(LS北見)―韓国戦。会場の江陵(カンヌン)カーリングセンターの応援席は韓国チームを応援する観客が詰めかけ、「テーハミングッ(大韓民国)」の大声援が繰り返された。韓国の市民にとって「韓日戦は格別」(スポーツ担当記者)と言われるだけに、応援もこれまでの試合で最も白熱した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます