横浜市は27日、イタリアから輸入されたサラミから基準値の14・6倍の黄色ブドウ球菌が検出されたと発表した。輸入されたほぼ全ての1415個が店頭で販売されるなどしているが、同日までに健康被害の届け出はないという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます