腫瘍(しゅよう)内科医として、米国で乳がんの診療や治療法の研究をする上野直人さん(53)。患者が治療に主体的に関わることの大切さを唱えます。自身もがんを経験した患者の視点からもお話を伺いました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます