■28日、与党が野党の反発を押し切り、新年度予算案を衆院通過させました。一方、働き方改革関連法案では労働時間の不適切なデータ問題をめぐり、安倍晋三首相が「実態把握をしない限り、政府全体として前に進めない」と答弁し、国会提出時期を3月中旬以降にする意向を表明。政権与党と野党の攻防をタイムラインで追いました。

無断転載・複製を禁じます