新幹線「のぞみ34号」(N700系、16両編成)の台車で昨年12月に破断寸前の亀裂が見つかった問題で、JR西日本は28日、亀裂のあった「側バリ」と呼ばれる台車の外枠について、底面の厚さが設計上の寸法よりも薄くなっていたとの調査結果を明らかにした。本来は行ってはならないとされる削る作業が行われたことが原因だという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます