JR山陰線の鳥取―出雲市駅間で新たに導入される観光列車「あめつち」(2両編成で59席)の運行が7月1日から始まることが決まった。運行は土~月曜日が中心で1日1往復。日本海や大山、宍道湖など眺望が美しい3区間では徐行運転をして山陰地方の魅力を楽しんでもらう趣向を凝らす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます