内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域・東グータ地区で5日、国連などが人道支援物資の輸送を実施した。支援物資が届くのは2月中旬以降初めてだが、積み荷を降ろす最中も戦闘や空爆が続き、作業時間の短縮を余儀なくされたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます