京阪ホールディングスの子会社で、京都と比叡山のふもとを結ぶ叡山(えいざん)電鉄(京都市)は7日、新たな観光用車両「ひえい」を報道陣に公開した。21日にデビューする。車体は深緑色で、前面に大きな楕円(だえん)形があるのが特徴だ。比叡山の神秘性をイメージしたデザインといい、訪日客の取り込みも狙う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます