3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。演出家・脚本家で、劇団「青年団」を主宰する平田オリザさんは、「セクハラをなくすにはリーダーが不退転の決意でやるしかない」と語ります。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます