米朝首脳会談の開催合意の発表から一夜明けた10日午前現在、北朝鮮は米朝関係について沈黙を続けている。朝鮮労働党が米国との闘争を政権を担う根拠に使ってきた歴史があるうえ、金正恩(キムジョンウン)党委員長は昨年、トランプ米大統領を強い言葉でののしってきた。過去の主張との整合性を慎重に計算している模様だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます