内戦が続くシリアで、アサド政権軍の激しい空爆や砲撃にさらされている反体制派支配地域の東グータ地区。同地区の日常を、ツイッターで発信している姉妹がいる。住民のヌールさん(12)とアラさん(8)。2人は朝日新聞の取材に対し、「爆撃をやめて。学校に行きたい」と訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます