あのころの博士は、不自由ながら声が出た。その言葉を付き添いの青年が聞きとり、聴衆に伝え直した。1985年、京都大学であった講演会。題名は「時間の矢」。学界の外ではまだ無名に近いスティーブン・ホーキング博士が来日したときのことである。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます