LGBTなど性的少数者を描いた演劇が相次いでいる。体は女性、心は男性のトランスジェンダーの俳優が性同一性障害の役で出演する劇が東京で上演中で、海外ミュージカルの日本版も人気だ。性的少数者への社会的な認知が高まりつつあり、自分らしく生きる姿勢への共感が背景にあるようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます