ネット通販最大手の米アマゾンの日本法人アマゾンジャパン(東京都)が、取引先に対して不当な「協力金」を負担させた疑いがあるとして、公正取引委員会は15日、同社に独占禁止法違反(優越的地位の乱用)容疑で立ち入り検査をした。利益の確保を目的に、アマゾン側が販売時に値引いた額の負担をメーカー側に求めていた疑いがあるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます