トランプ米大統領は22日、自身のツイッターで政権の「外交・安保の要」の解任を発表した。マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任には、ボルトン元国連大使を抜擢(ばってき)。5月末までに米朝首脳会談の実現を目指すなかでの交代は異例だが、北朝鮮への武力行使も辞さない強硬派を起用したことは、対北朝鮮の交渉で譲歩しない姿勢を示した形だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます