九州電力は31日、再稼働していた玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の発送電を止めた。30日夜、蒸気発生器に水を送る配管の一部で微少な蒸気漏れが見つかったため、出力を下げていた。配管の熱が下がり次第、詳細な点検に入る。九電は、周囲への放射性物質の漏れはないとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます