住民の足として親しまれたJR三江線の最後を見届けようと、31日、多くの住民が駅や沿線に駆けつけた。通勤や通学などで地元を支え続けて88年。ラストランに、「ありがとう」の言葉が繰り返し響いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます