金融庁が、地方銀行の事業見直しを促すための異例の立ち入り検査を行っている。日本銀行のマイナス金利政策で貸出金利が低下し、従来の融資ビジネスの収益は厳しい。それでも人材不足などで、企業の経営支援などに軸足を移せない地銀は多く、金融庁は経営体制の改革を強く求める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます