原子力規制委員会は4日、日本原子力発電東海第二原発(茨城県、停止中)の安全対策費をめぐり、原電から、資金支援を受けるめどがたったと説明があったことを明らかにした。安全対策費の資金確保は、再稼働に向けた審査の条件として規制委が報告を求めていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます