別府市在住の漫画家、あずみきしさんのデビュー作「死役所」(新潮社)が人気を広げ続けている。連載は5年目に入り、今年1月には単行本第10巻が発売。電子版と合わせて100万部以上が売れるヒット作には、さりげなく大分の風景や人が登場することもある。挫折して帰郷し、市役所で働いた経験が作品を支えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます