日本サッカー協会が、成績不振などを理由に日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)を解任することが9日、分かった。協会の田嶋幸三会長が明らかにした。田嶋会長自らが渡欧し、7日に監督本人に解任の意思を伝えたという。9日午後4時から会見を開き、後任人事などを発表する予定。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます