漫画家の弘兼憲史さんはかつて、松下電器産業(現パナソニック)のサラリーマンだった。退社後、電機業界を舞台にした「課長 島耕作」シリーズを手がけた。先月、創業100年を迎えた「古巣」をどう見つめてきたのか。主人公に託した思いを聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます