昨年末の全国の暴力団勢力は約3万4500人で、前年より約4600人減った、と警察庁が12日発表した。13年連続の減少。同庁は「暴力団排除活動の浸透や取り締まりで暴力団の資金確保が一層難しくなっている。暴力団が特に若い組員の新たな獲得に窮している」とみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます