「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが12日発表した2018年2月中間決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比16・6%増の1兆1867億円、本業のもうけである営業利益は同30・5%増の1704億円となり、ともに中間期では過去最高だった。アジアなど海外事業が大幅に伸び、中間期では初めて海外の売上高が国内を上回った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます