日本語学校の東京国際交流学院(東京都八王子市、葉山青子理事長)で教員不足などが発覚し、4月に入学予定だった留学生約520人について入管当局が在留資格を認定しなかったことが、関係者への取材で分かった。学生は入学できず、本国で足止めとなる事態が続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます