警察官が上司を拳銃で殺害したとされる過去に例のない事件。拳銃を撃った滋賀県警の男性巡査(19)は交番からパトカーで逃走し、隣町の田んぼに乗り捨て、実弾入りの拳銃も捨てていた。採用から間もない警察官が拳銃を携行することに問題はなかったのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます