平昌五輪フィギュアスケート金メダルの羽生結弦選手(23)の祝賀パレードが22日に仙台市内で開かれるのを前に、地元は早くも熱気を帯びている。66年ぶりの五輪連覇の偉業に、主催者は4年前より多い12万人の観客を見込む。記念Tシャツは飛ぶように売れ、ネットでの転売も横行。ホテルは軒並み満室だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます