お年寄りが昔懐かしい風物の塗り絵に取り組むことで、認知症の予防に役立てる「おとなの塗り絵」が兵庫県姫路市内の出版社から刊行された。子どものころから親しむ姫路城や播磨地域の祭り、名所などの絵に自由に色を塗り、同時に風物に関する思い出を書き記す。認知症予防の専門家は「目と手を使い、記憶を呼び戻すことで脳の活性化につながる」と評価している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます