122回の歴史を誇るボストン・マラソンの優勝セレモニーで日の丸が揚がり、君が代が流れた。16日に米ボストンで行われたレースを男子の川内優輝選手(31)=埼玉県庁=が2時間15分58秒で初制覇し、日本勢で1987年の瀬古利彦氏以来の頂点に立った。▼スポーツ面=「寒さチャンス」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます