かつての優生保護法のもと、障害者らが不妊手術を強制された問題で、厚生労働省は17日、実態解明のため全都道府県に相談窓口をつくることを決めた。議員立法による法制定から70年を経て、解決へ向け本格的に動き出す。人生の選択肢を国に奪われた人々に、救済の道筋は。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます