自然科学を学ぶ大学生らが自主研究の成果を発表する「第7回サイエンス・インカレ」(文部科学省主催)で、大分県別府市の別府大学食物栄養学科の研究チームが初入賞した。製造技術が国指定重要無形民俗文化財である明礬(みょうばん)温泉の「湯の花」が、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果について発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます