柔道の男子95キロ超級で1984年ロサンゼルス、88年ソウルと五輪2連覇を達成し、2015年に54歳で亡くなった斉藤仁さんの次男で、高校2年の立(たつる、16)=東京・国士舘高=が鮮烈な国際デビューを果たした。15日にロシアで開かれたジュニア国際大会の男子100キロ超級に出場し、4試合をオール一本勝ちで優勝。初めて派遣された国際大会で力を発揮した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます