霧島連山のえびの高原・硫黄山(1317メートル)の噴火後に、近くを流れる宮崎県えびの市の長江川が白濁し、環境基準の約200倍のヒ素が検出された。濁りは長江川が合流する川内(せんだい)川でもみられ、鹿児島県湧水町や伊佐市で魚の死骸が多数見つかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます