奇形的な作風で熱烈なファンを持つミステリー作家、麻耶雄嵩(まやゆたか)さんの新刊「友達以上探偵未満」(KADOKAWA)は、故郷の三重県伊賀市を舞台にした連作だ。地元ゆかりの忍者や松尾芭蕉を絡めた物語は一見、ご当地小説のよう。だが、問題篇(へん)と解決篇にわかれた犯人当ては、一筋縄ではいかない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます