時代の流れをとらえ、15年目を迎えた女の子向けアニメ・プリキュアシリーズ。今年始まった最新作「HUGっと!プリキュア」が、育児をテーマに盛り込んだ異例の設定で話題を呼んでいる。主人公たちが赤ちゃんを守り育てるストーリーで、敵は「ブラック企業」。東映アニメーションの内藤圭祐プロデューサー(35)に、作品に込めた思いを聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます