構想20年の長編小説で、これまでの作家像を覆した。天童荒太さんの新作『ペインレス』(新潮社)。「無痛」という意味のタイトルのもと、「痛み」を主題に、男女の激しい性愛を描く。「作家として新たな次元にたどりつけた」と語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます