八十八夜の2日、茶業の発展を祈って、鹿児島市の県茶市場で新茶の献茶祭があった。約50人の茶業関係者が参加し、大正から昭和にかけて県茶産業の発展に寄与した樋渡次右衛門の記念碑に新茶を供えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます