日本の研究力が低下している。引用数がトップ級の論文数は、中国などが伸びる一方、日本は徐々に下がっている。政府が進めてきた研究資金の「選択と集中」の影響だと指摘されている。政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)は、6月までに若手研究者の支援など大学改革を盛り込んだ統合戦略をまとめる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます