がんのために19歳で「余命半年」と宣告され、今年3月25日に25歳で亡くなった神戸市の山下弘子さん。闘病しながら自身の体験を語る講演をしたり、生命保険会社のCMに出たりして「今を生きる」ことを訴えてきた。「勇気をもらえた」とがん患者らから悼む声が広がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます